HOME > 会長挨拶

協会概要

▶ 会長挨拶

堺会長

 一般社団法人北九州経営者協会の会長を務めております堺俊治です。

 本協会は創立30周年を迎えて数々の記念事業を行ってきました。会員皆様の熱く力強い協力と多くの皆様のご支援によって全ての記念事業が大きな成功裏に終わろうとしています。そしてその記念事業の一つ一つが、これからの本協会の期待すべき未来に繋がっていくことを確信しています。

 平成30年は平成の区切りになる年になりました。平成の区切りだけでなく、日本は今年で明治維新から、150年の節目になります。先人達が志強く、熱く燃えて、西欧列強に屈しないため国を挙げて富国強兵を図って近代国家を立ち上げました。私たちは、この節目の年に当たって、かつて教えられた自虐的歴史観から脱して、心新たに150年の先人の歴史を振り返り、これからの日本のあるべき姿を問うていかねばならないのではないでしょうか。2020年の東京オリンピックがそのメルクマールの一つとなればいいですね。そんな期待も込めて、今年の日本は更なる飛躍の年となることでしょう。

 我が街北九州市は、一昨年から世界遺産が増え、大きな会議やイベントも増えています。一昨年50才以上が最も住み易い都市北九州にも選ばれましたが、我々にとっては、最も商売がし易い都市、最も企業が投資したい都市北九州、と言われるようになりたいものです。その為には、我々が、もっともっと北九州を盛り上げていかなければいけないと思うところです。

 本協会の行動指針は「中経協宣言」にありますように、人づくり、場づくりがテーマです。これまで本協会の会員の為に研修会、講演会、異業種交流の為の各種イベントなどを数多く開催してきました。そして北九州地域経済の発展の為にも、数々のイベントを開催して、地域の活性化、賑わいづくり演出してきました。近年では、小倉駅北口の活性化の為に冬花火大会の開催、夏には800人ほどを集めるビールフィエスタ、リバーウォークの河畔でイタリアとの国交150周年を祝うフィエスタ・イタリアーノも開催しました。他団体との共催や後援も数々実施しています。このように北九州地域経済の発展に貢献することがもう一つの大きな本協会の目的です。

 中小企業に於いては、自社の経営に精一杯で、地域貢献どころではないという実状が少なくないかも知れませんが、地域社会の活性化や賑わいづくりが地域経済の発展に繋がり、地域経済の発展は、その地域の中小企業の発展に不可欠なことだと思います。 だからこそ、本協会は北九州地域経済の発展に繋がる活性化や賑わいの場づくりにより貢献していかなければならないと思っております。

 当協会は、創立30周年を迎え、現在会員数は310社を超えるところまで来ましたが、なお一層の会員数の拡大を目指しています。会員の数は当協会の活性化につながると共に、地域社会の活性化・賑わいづくりのためにも大きな力となります。中小企業のリーダーの皆様、ぜひ北九州中小企業経営者協会に入会されて、我々と共に、人づくりに研鑽し、街づくりに力を使っていきましょう。

平成30年1月吉日
(一社)北九州中小企業経営者協会
会長 堺 俊治